理想の住まいを実現するなら注文住宅に注目!

家の中で快適に過ごす

積み木

日本の住宅事情を考慮

北欧といえば欧州の北部に位置する国々を指しますが、北欧住宅といえばスゥエーデンとデンマークそれにフィンランドの住宅デザインやスタイルのことです。日本と北欧の位置は同じくらいなので、気候や風土が近いこともありマイホームに、北欧住宅を選ぶ人が増えています。三つの国はそれぞれ少しずつデザインが、違っていますがシンプルでナチュラルであるのは共通点といってよいでしょう。木造を多く使っていることや、採光性を高めるために窓が大きく作られるのも同じ北国であるためです。雪が多く降り積もるので、冬期間は家から長期間出れないというこを念頭におき、内部の快適性を目指したのが北欧住宅の最大の魅力といえるでしょう。屋根が大きく天井が高いので、家にいる時間が長くても閉鎖感がなく気持ちのよい時間を家族と持てます。戦後の日本は高度経済成長期に入ってから、洋風建築が増えましたが当時はどちらかというと派手なデザインの住宅スタイルが流行しました。しかし時を経た今となっては、日本古来のシンプルな美しさを求める傾向が生まれてきました。北欧住宅はシンプルだけどナチュラルなデザインが、日本人本来の好みにもあっているせいか最近注目を浴びてきているのは事実です。施主の中には、洋風の暮らしになじめるのかと悩んで二の足を踏む人もいますが、和洋折衷案なども提案すれば施工してくれます。北欧の国と日本では土地の広さといった問題もありますが、相談し対応してくれるので大丈夫です。また以前の北欧住宅はメンテナンスするための木材を、北欧から運んできていたので莫大な費用がかかっていました。近年になり使える材料は、現地調達になり費用は抑えられるようになっています。

Copyright© 2018 理想の住まいを実現するなら注文住宅に注目! All Rights Reserved.